展示館入り口から見た内部の様子

駐車場前には、実物大の模型ロケットが出迎え

稱名寺門信徒会親睦旅行

 5月21日(日)好天に恵まれ勝田台駅出発。
圏央道開通により、筑波方面への時間が短縮。予想外の新ルートとなりました。千葉北I.C.より成田方面に向かい、大栄付近より圏央道接続。ゆっくり走って2時間で筑波学園都市到着。
 

宇宙服の実物前で説明を聞く皆さん

 展示館には各種人工衛星・宇宙ステーション・補給衛星取り込みアーム・帰還の際に話題となった人工衛星「はやぶさ」等所狭しと展示され、今後、テレビ映像を見ても、大きさが実感できます。実働中の管制センター、飛行士の訓練施設、宇宙食等、宇宙センターを多面的に感ずる事ができました。 

 了戒総代をはじめ、準備をされた総代世話人の皆さん、ありがとうございました。来年も、皆さんのご参加をお待ちしています。              住職
 

 50分と短めの昼食後筑波山へ。
ロープウェーとケーブルカーで上り下りでしたが、間をつなぐ登山道(およそ30分)が本格的コースで、ビックリ仰天。皆さんのご協力で何とか無事下山。
19:00勝田台駅に到着