<彼岸会法要(春)>

受恩寺住職のお話を聞かれる皆さん

本日の参拝は35名の皆さんでした

大きな字で分かり易くお話して頂きました

受恩寺住職 長尾 祐二 師

 故郷のおばあちゃんとの再会を待ちわび、手作りの切符で楽しむ子供の3兄弟。出来た切符の出来映えを褒めつつ、告げた母親の一言。「おばあちゃんから本物の乗車券が届いているよ」。大喜びの子供たち。
「私の手柄(分別)」はそのままに、既に届いている「お念仏のはたらき(無分別))」に本物を見る、浄土真宗の特色をとかれました。

千葉県八千代市 稱名寺 境内納骨堂 浄土真宗本願寺派寺院